ホーム » コラム » 相性が合わない2匹の猫はハラハラするほど叩き合いをしている

相性が合わない2匹の猫はハラハラするほど叩き合いをしている

我が家の猫二匹は相性が合わず、よく叩き合いをしている。血が出る程激しい喧嘩をする事はないけれど、見ていてハラハラする時もある。立場的にブリショ(先輩)>茶トラ白(後輩)なので、家族から「親方」「姐さん」とあだ名で呼ばれるブリショ。父に至っては「黒い人」、茶トラ白には「茶色い人」と呼んでいる。人て…。
トムとジェリーのような二匹だが、それぞれ違った可愛さがある。それが愛しくてたまらない。ブリショは自立心があり抱っこを嫌う。賢い子で、自分の名前と”ご飯”以外の言葉も分かるのか、何かを訴える時は人の目を見て鳴く。美人なのに写真映りがブス。でもそこが好き。茶トラ白はとにかく食いしん坊。隙を見てはブリショのご飯も盗み食いする。おかげで体重はブリショより重い。甘えたがりでよく家族の手を舐める。眠い時はいつまでも舐め続け、しまいには手の中に顔を埋めたまま眠る。尻尾が短くて怒るとフワッと膨らむ。ボンボンみたいに見えて可愛い。癒される。性格が正反対の二匹。これからも元気で長生きしてほしいと思う。

季節の変わり目にフケが目立つ事。二匹ともこの時期は特に出やすく、毎日ブラッシングが欠かせない。時間が経てばまた背中や尻尾の付け根辺りにフケが付いている。最近は猫が眠っている間に手で取るようになった。早くこの時期が終わればな…と思う。
茶トラ白はトイレのやり方が下手だ。砂の中で排泄はちゃんとできるが、問題はその後。排泄物に砂をかける事ができない。何故かトイレの外で砂をかける仕草をする。「そこじゃないよ」と声を掛けるけれど、本人からしたら出来てると思ってるのかな?